RSS | ATOM | SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -

月間トークス 2006年1月号

 『月刊トークス』2006年1月号
(12月20日発行)に収録されている4冊のご紹介です。


CDマガジン『月刊トークス』を聴けば、あなたは
 ・移動時間や隙間時間を有効活用できる
 ・ビジネスのヒントがいっぱい得られる
 ・商談や会議でのトークのネタがいっぱい得られる
 ・元気いっぱいのビジネスパースンになれる・・・・・・

 電話でも試聴できます。(試聴ダイヤル:045−663−8230)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆「トヨタ方式」は魔法の方式ではない
『考えるトヨタの現場』
田中正知(ものつくり大学教授/元トヨタ自動車生産調査部部長)著
ビジネス社刊
1,600円(税別)

【キーワード】
◆「人間性尊重」「諸行無常」「共存共栄」「現地現物」
◆現物を通して全体像を見る
◆「後工程はお客様」
◆部下に「質」も「量」もやれと言うのは無理
◆カタカナの「ムダ」とひらがなの「むだ」

聴くだけで確実にスキルアップ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆小売業界の巨人たちは生き残っていけるのか
『カテゴリー・キラー』
ロバート・スペクター(ジャーナリスト)著
ランダムハウス講談社刊
2,000円(税別)

【キーワード】
◆エブリーデー・ロープライス
◆カテゴリー・キラーの黎明期の戦略「高く積み上げ、安く売る」
 現在は、買い物環境の質を高め、関連商品分野に手を広げている
◆ナショナル・ブランドよりもプライベート・ブランド
◆独立系の専門店は専門性をさらに高めること

【月刊トークス】仕事をする前向きな気持ちを鍛えます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆社員のやる気が会社を伸ばす
『ここが違う!伸びる会社と伸びない会社』
並木由紀雄(経営人事コンサルタント)著
翔雲社刊
1,300円(税別)

【キーワード】
◆「人」だけが唯一の経営資源
◆中小企業は、社員とのコミュニケーションが不足している
◆裁量を与える。会社の数字を公開する。ルールをきちんとする。
 給与と休みをハッキリさせる。きちんと評価する。
◆社員に夢を持たせるためには社長自身が夢を持つこと

ビジネスの勝ち組になる!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆トップ弁護士に学ぶ、相手を納得させる技術
『プロの論理力!』
荒井裕樹(弁護士)著
祥伝社刊
1,300円(税別)

【キーワード】
◆論理力を十分に引き出すためには、「野心」が必要
◆情報を「見つける目」が論理力の基礎
◆交渉は感情的になったほうが負け
◆目指すのは相手を「説得」することではない
 こちらの言い分を相手に「納得」してもらうこと

ビジネス書が毎月4冊、CDで聴ける!
author:oKi, category:月刊トークス, 20:04
comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

author:スポンサードリンク, category:-, 20:04
-, -
Comment









Trackback
url: http://kenshi.jugem.jp/trackback/397