RSS | ATOM | SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -

ジョン・F・ケネディの言葉

物をなくせば、小さく失う。
信用をなくせば、大きく失う。
勇気をなくせば、全てを失う。

〜ジョン・F・ケネディ(アメリカ第35代大統領)

この言葉を聞いてすぐに思い出したのが、知人の社長。この方は5億の負債を抱え会社を倒産させました。そのことにより会社をなくし、信用を失いました。でも会社を早目に倒産させることにより、全てを失うことはありませんでした。

借入先は銀行系だけです。よくあるのが、ニッチもサッチもいかなくなると高金利の金融業者からお金を借り、あとは皆さんご存知の通り、複利複利の雪だるま・・・。私の住む田舎でもバブルで銀行に融資され、その後返済に行き詰まり悪徳金融へ・・・私の知っているだけでも3名の方が、2〜3億ばかりの借金で自殺されています。1名の方が今だに行方不明です。

もちろん、倒産をさせた社長はたくさんの迷惑を掛けています。だから信用を失いました。でも、生きています。会社を倒産させると決めるには、ずいぶんと悩み、勇気がいったそうです。

もちろん、倒産をさせるような借り入れをしたことに問題があります。本人の経営の見通しの甘さにあります。バブルのときでも、堅実にやってこられた社長もたくさんいます。

現時点において、そのときの決断は正解だったと思います。今は息子さんたちと一緒に0から頑張っておられます。
『会社を興すよりもつぶす方が勇気がいった・・・何十倍も大変だった。』
そう言ってました。
HTMLメールマガジン『プレジデントビジョン』を発行されている(株)ライブレボリューションの増永社長8月25日付vol.182のメルマガの【編集後記】でもおっしゃっています。
かつて「先着ネット」という懸賞サイトを1年間やって撤退しましたが、始めるよりも辞めるほうの意思決定は何倍も重要だということをそのときに学びました。

もっとも増永社長も倒産をした社長と一緒にされたんでは、迷惑でしょう。
ライブレボリューションの場合は、『よりよいビジネスに経営資源をシフトしていく』ための撤退です。

株式投資、最近はネット環境の充実で個人投資家の参入がずいぶん増えたとか。トレードにおいても損切りこれができないと全てを失う可能性があります。株を買うことは簡単です。ネットならばなおさらのことです。でも損をしている状態で売ることがなかなかできない。わっかているのに・・・。勇気を出して損切りをすれば明日へつながるのに・・・

予断ですが、離婚した友人もこんなことを言っていました。
『離婚は結婚するときよりも勇気がいる。倍以上疲れる・・・』
だそうです。

増永社長、申し訳ありません。変な知人や友人と一緒にしてしまいまして。
このネタは『プレビvol.182』の編集後記を見て、ケネディの言葉を思い出し、知人・友人を連想し、記事にしてみました。

増永社長、ライブレボ、プレビの益々のご活躍を願っております。
それと(前出の)社長に、お前(友人)、頑張れよ!俺も頑張る!(^^)
author:oKi, category:Words, 12:55
comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

author:スポンサードリンク, category:-, 12:55
-, -
Comment









Trackback
url: http://kenshi.jugem.jp/trackback/78
メルマガ プレジデントビジョン
かなり有名なメルマガなのでご紹介するまでもないのかもしれませんが、「プレジデントビジョン」です。 2004年5月25日に、読者が6万人を超えたそうです。 内容は、社長へのインタビューです。 あまり社長と呼ばれる方と出会う機会はないので、経営者がどのように考えて
実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?, 2004/08/26 3:10 PM