RSS | ATOM | SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -

月刊トークス12月号 『気が小さいから成功できた』 橋本ひろし著

今月の月刊トークス、一冊目はコレ!
↓↓↓↓↓↓↓↓
気が小さいから成功できた
気が小さいから成功できた 橋本ひろし 著
SHOP99等急成長中のキョウデングループ創業者が贈るメッセージ!
著者の橋本ひろし氏は、東証二部上場のプリント基板メーカー、キョウデン会長でビジネス界の異端児。自ら作詞作曲した10曲を収録したCD「サクラの下で」で今年7月21日にアルバムデビューし、音楽業界へも参入。8年前には純文学『南都旅情』も出版されている方で、

そんな橋本氏の経営エッセンスをまとめられた一冊です。

■ 目 次
序章 スタートは「田舎町の落ちこぼれ」から
第1章 私を支えるビジネス・スピリット
第2章 リーダーはエンターテイナーであれ!
第3章 不平等なこの世の中にこそ、幸せがある
第4章 世の中は、“不純物”がいるから進化する
第5章 ビジネスの魔物に出会うための、武器と防具と呪文


メルマガ『社長必読!今月の4冊』から抜粋です。
続きを読む >>
author:oKi, category:月刊トークス, 19:42
comments(1), trackbacks(0)

耳で読む!月刊トークス2004年12月号vol.147

月刊トークス12月号です。岡田編集長が、今月もたくさん読んで、たくさん読んで、たくさん捨てて、たくさん捨てて、残したのがこの4冊。
月刊トークス 2004年12月号
月刊トークス2004年12月号vol.147


気が小さいから成功できた
SHOP99等急成長中のキョウデングループ創業者が贈るメッセージ!
橋本ひろし(キョウデングループ会長)著 ゴマブックス刊 1,470円(税込)

儲かる会社はNewsづくりが上手い
広告予算がなければ知恵を出せ!
竹村徹也(ニュース・クリエイター)著 実務教育出版刊 1,890円(税込)

<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
人気メルマガの仕掛け人がすべてを明かす!
平野 友朗(メルマガ専門コンサルタント)著 日本実業出版社刊 1,470円(税込)

フューチャー・オブ・ワーク
トップマネジメントとマネージャーのための21世紀型組織戦略論
トマス・マローン(マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院教授)著
ランダムハウス講談社刊 1,995円(税込)

詳細は順次ご紹介!

「移動時間やちょっとした空き時間を有効活用できる」
1枚のCDに4冊のエッセンスが詰まっています!
詳細・お申込みはコチラ ⇒ 『耳で読むビジネス書 月刊トークス』
author:oKi, category:月刊トークス, 23:55
comments(1), trackbacks(0)

耳で読む!月刊トークス2004年11月号vol.146-3

昨日に引き続き、月刊トークス2004年11月号のご紹介。

3冊目は、この本。
お金は宇宙から降ってくる
お金は宇宙から降ってくる
中村義一(三鷹光器会長)著 中経出版刊 1,470円(税込)

【キーワード】
◆モノづくりのアイデアの源は宇宙からもらっている
◆モノづくりには仕掛けが必要−「左甚五郎」からもヒントを得ている
◆医療機器開発のきっかけはドイツのライカ社からの依頼
◆手術顕微鏡の開発に望遠鏡の原理を利用
◆携帯電話をつくるのに使われる「非接触型オートフォーカス三次元測定器」の元々は変光星(明るさを変える星)を観測するマイクロフォトメーター
◆入社試験では模型飛行機をつくらせ、焼き魚を食べさせる
◆町の中が一番の情報源
◆位相を合わせる
◆すべてのことに興味を持て
◆バカになって話を聞く
◆「うまくいかなかったときどうするか」をいつも考える

世界の大企業と渡り合う、町工場「三鷹光器」。
社員数33人。売上高14億円の中小企業。
一眼レフで有名なドイツの名門企業「ライカ」と対等に取引し、
さまざまな分野の大学教授たちが、ひっきりなしにやって来る。

モノ作りのアイディアの源は、天体観測。つまり宇宙からもらっている。

それが、本のタイトル『お金は宇宙から降ってくる』につながってきます。

月刊トークスとは??? (内容は先日と同じです。)
続きを読む >>
author:oKi, category:月刊トークス, 07:35
comments(0), trackbacks(0)

耳で読む!月刊トークス2004年11月号vol.146-2

旅行中にバスの中で5回も聴いた月刊トークス2004年11月号。

ホームページ集客を利益に変える成功方程式』は、10月23日の記事にアップしましたので、他の書籍のご紹介です。

東横インの経営術―女性のセンスを生かして日本一のホテルチェーンを創る
東横インの経営術―女性のセンスを生かして日本一のホテルチェーンを創る
西田憲正(東横イン社長)著 日本評論社刊 1,260円(税込)

【キーワード】
◆ホテル経営をすべて女性に任せる
◆コンセプトは「駅前旅館の鉄筋版」
◆支配人もスタッフもすべて地元採用で転勤なし
◆業界の常識にとらわれないから素人集団も悪くない
◆ホテルオープン時にも本社の応援なし
 素人支配人とスタッフはてんてこまい
◆オープン後1ヶ月ほどは「サンキュー、ゴメンネ」期間
 シングル3950円の特別価格は、支配人もスタッフもトレーニング期間で
 ご迷惑をおかけするのでお詫びの印の格安料金を設定
◆各支配人のノウハウを蓄積し、活用するための各種委員会
◆稼働率の悪い支配人は何もしていない
 工夫して何かをすれば稼働率は上がる

日本全国に90店舗以上あるビジネスホテル東横インの全ての支配人・フロントスタッフは皆、女性。1号店の支配人は、当時50歳代の元飲み屋のママ。
「男はだらしなくてダメ!灰皿の掃除もろくにできないし、カウンターを磨こうともしない!」

2号店を男性スタッフだけにまかせたら、不評。1号店のママさん支配人に一緒に面倒を見るようにたのむと、
「引き受けてもいい、けれど男はいらない!」
と、女性だけで運営、しばらくすると傾きかけたホテルは復活した。

何とも耳の痛い話です。(^^;)
女性の気遣い、きめ細やかさが東横インの成功の最大の要因のようです。

月刊トークスとは???
続きを読む >>
author:oKi, category:月刊トークス, 19:46
comments(0), trackbacks(0)

月刊トークス 2004年11月号 vol.146

本日もバスの中から携帯でアップです。

今月の月刊トークスに入っている
ホームページ集客を利益に変える成功方程式 プロが教えるサイト運営の実践テクニック74
『「ホームページ集客」を「利益」に変える成功方程式』細木康裕/里吉克仁著 アスキー刊 1,680円(税込)から、ネットショップを繁盛店に導く4つの要素につて。

1. 商品
2. 広告宣伝
3. 顧客対応
4. ホームページ

まず基本は商品力。どんなに良いHPでも、広告宣伝をしても、商品力が無ければ売上は上がらない。

次に広告宣伝。おもに新規顧客を獲得する為だが、最重要なのが、検索サイト対策。
アンケートの結果、どうやってショップを見つけるかをを調べてみると

1. 検索サイト37%
2. なじみの店36%
3. オークションサイト12%

と新規顧客の集客で大切なのは、検索サイトの利用だということが分かる。

顧客対応とは、実店舗でいう接客・アフターフォロー。基本は迅速な対応。メールでも電話でも返事は、24時間以内が目安。営業時間内なら1時間以内に必ず返答すると決めている所も。
一度商品を買ってくれたお客さんをリピーターに育てる事が、最大の狙い。

HPは優れていても大きく売上が伸びる分ではない。貧弱、長い間更新されていないと不信感に繋がり、売上は確実に減少する。

う〜ん、携帯は1000文字が限界...

2004/10/24 加筆修正
昨日は、携帯メールの容量の関係で途中になってしまったので、続きです。

HPは、あくまでお客様を逃がさないためのもので、商品や広告宣伝を補完するもの。

繁盛店のHPは、意外なほど基本的なデザインはシンプル。
共通するのは、見やすく、すっきりしており、目的の商品を探すのにクリック1〜2回ですませている。

嫌がれるのは、商品を探し、買うまでに手間がかかるHP。
クリックが1回増えるたびに、何割かのお客さんが逃げているということをキモに命じる。

お客さんは、検索サイトから直接商品ページへくることもあるので、トップページからたどらなくても、何のサイトなのか、どこにいるのか、しっかりガイドしなければならない。

URLは自社ドメインを取ることが基本。お客さんへの安心につながる。

問い合わせ・注文などは、メールアドレスの記載するだけでなく、専用の注文フォーム・ショッピングカートを利用する。メールソフトを立ち上げるだけで、半分のお客さんを逃していると考える。


上記は、基本的な一部です。HPを運営するならば、目を通しておきたい一冊です。

『「ホームページ集客」を「利益」に変える成功方程式』細木康裕/里吉克仁著 アスキー刊 1,680円(税込)

author:oKi, category:月刊トークス, 15:10
comments(1), trackbacks(1)

耳で読む!月刊トークスをMP3プレーヤーで聞く!vol.2

昨日のブログより
ある方法???また次の機会に・・・(^^)

もう少し引っ張るつもりでしたが、Katsuhitoさんよりコメントを頂きましたので、早速アップします。ご期待に添えない時は、あしからず。(^^)

ずばり、速○もしくは○聴。伏字にした理由はこちらをご覧ください。

まぁ、要するに音声のスピードを上げてプレーヤーに録音しています。
音声スピードを上げて聴くメリットは、書籍や上記のサイトにも出ておりますので、ご覧ください。

速く聴くメリットに疑問のある方でも、もっと単純なメリットがあります!

私は2倍速で聴いていますが、これくらいの速さなら慣れていなくてもほぼ聴き取れいますから、時間の短縮ができます。

トークスは一冊分を約15分に要約してありますから、7〜8分で聴くことができます。

これくらいの時間ですとちょっとした移動の時でも、一冊分は聴けてしまうわけですし、1時間も時間が空けば、2回も聴くことができます。

繰り返しの学習効果は私がいまさら説明するまでもありません。

で、どうやって倍速録音するの???続きは・・・
続きを読む >>
author:oKi, category:月刊トークス, 20:15
comments(0), trackbacks(0)

耳で読む!月刊トークスをMP3プレーヤーで聞く!

毎月届けられる
『耳で聞く!月刊トークス』
の私のリスニング方法をご紹介します。最近はアップル社のiPodが大人気ですが、それ以前からMP3プレーヤーを使用しております。
MP3プレイヤー
このMP3プレーヤー、というよりも小型デジタル・オーディオ・プレーヤーですね。Rio SU30です。WMAとMP3方式に対応し、ボイスレコーダー・FMラジオ・USBメモリーとしても機能します。

私がこれを購入した最大の理由はその大きさ。
外寸:約2.5(幅)×8.5(長)×1.6(厚)cm・重さ約37g。
タバコの縦を4分の1程度にしたぐらいの大きさで、さらに私の場合は、PocketGamesというウェブショップで購入したポケットイヤホンをしようしております。

ワイシャツの胸ポケットでも違和感なく入れておくことができます。
これをある方法で録音します。

ある方法??? また次の機会に・・・(^^)
author:oKi, category:月刊トークス, 21:53
comments(1), trackbacks(1)

耳で読む!月刊トークス2004年10月号


月刊トークスの10月号が届きました。


『月刊トークス 2004年10月号 vol.145』
月刊トークス 2004年10月号
耳で読む!厳選ビジネス書のエッセンス『月刊トークス』
[1] Introductio(1'13")
[2] 『生き方』稲盛和夫著 サンマーク出版刊 1,785円(12'47")
[3] 『超・会社力』長谷川和廣著 かんき出版刊 1,575円(13'14")
[4] 『女性客がどんどん集まるお店のつくり方』吉村たかみ著 日本実業出版社刊 1,365円(11'41")
[5] 『賢者は長い耳と短い舌をもつ』植西聰著 日本文芸社刊 1,365円(12'17")

月刊トークスは月1回発行。年間契約で30,000円(送料・税込)、1枚2,500円で約6,000円分の書籍4冊をプロの要約で何度も聞くことができます。お試し版1枚3,000円(送料・税込)もありましたので、まずは1枚聴いてみるというのはいかがでしょうか?
author:oKi, category:月刊トークス, 09:48
comments(0), trackbacks(1)

耳で読む!月刊トークス

昨日、私が購読している『月刊トークス』が届きました。
『月刊トークス』って何?
サイドにもアフィリエイトが貼ってありますが、簡単に言えば、オーディオCDブックです。




(株)トークスの社長であり編集長である岡田氏が、ご自身で毎月数十冊のビジネス新刊書を読み、その中から四冊だけを厳選し、約50分(四冊分)に要約して一枚のCDに録音し、毎月届けてくれるサービスです。

『月刊トークス 2004年9月号 vol.144』
月刊トークス 2004年9月号
耳で読む!厳選ビジネス書のエッセンス『月刊トークス』
[1] Introductio(1'27")
[2] 『人を大切にして人を動かす』 和地孝著 東洋経済新報社刊 1,575円(税込)(12'55")
[3] 『成功報酬型ビジネス』 柳沢安慶/松本洋志著 サンマーク出版刊 1,470円(税込)(11'38")
[4] 『ビックカメラ 日本一活気のある会社の社長が社員に毎日話していること』 中島孝志著 三笠書房刊 1,470円(税込)(12'05")
[5] 『わかりやすく話す!技術』 松本幸夫著 すばる舎刊 1,470円(税込)(12'09")

私は・・・
続きを読む >>
author:oKi, category:月刊トークス, 20:07
comments(0), trackbacks(0)